2010年03月17日

米国でエイズ遺伝子治療を開発へ―タカラバイオ(医療介護CBニュース)

 タカラバイオは3月11日、米国でエイズ遺伝子治療の臨床試験を開始するため、米ペンシルベニア大との間で、FDA(米食品医薬品局)に臨床試験実施申請資料(IND)を提出するための共同研究契約を締結したと発表した。同大とマウス実験などで安全性を確認した上で、2年以内にFDAへのIND申請を完了し、同社単独で臨床試験の開始を目指すとしている。

 HIVはT細胞などに直接感染する、あるいは感染細胞が非感染細胞に融合することによって体内に広がるが、同社では、「MazF」遺伝子をT細胞に導入しておくことで、T細胞内でHIVが増えなくなると説明。「医薬基盤研究所霊長類医科学研究センター(茨城県つくば市)と共同で実施しているサルでの実験などを含め、これまでに得られたデータを総合的に見て、ヒトでの臨床試験は可能と考えている」と話している。

 米国では、米バイレクシス社によるエイズ遺伝子治療がフェーズ2段階にあるという。タカラバイオの遺伝子導入技術を使っているが、治療メカニズムは異なるという。


【関連記事】
HIV抗体検査・相談件数が減少
エイズ対策、働き盛り世代にも啓発を-東京都
HIV、AIDS報告の35%が都内に集中
HIV感染、過去最多を更新
難治性白血病の遺伝子変異検査の実施権を供与-タカラバイオ

野口宇宙飛行士 実験棟のロボットアーム組み立て作業(毎日新聞)
<奈良公園>矢の刺さったシカ死ぬ(毎日新聞)
<社民・国民新>与党間「調整機関を」 民主に申し入れ(毎日新聞)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構-国交相(時事通信)
5歳餓死「イライラした時殴った」父も虐待認める(読売新聞)
posted by フクシマ シズオ at 16:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。