2010年06月07日

【首相辞任】谷垣氏「問題投げ出し、選挙目当て退陣」 自民、緊急役員会で対応協議(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は2日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の辞任表明について「政治とカネや普天間問題などの問題を何も解決せずに投げ出した。選挙目当ての退陣と受け取らざるをえない」と強く批判した。そのうえで「政治のけじめをつけるためにも、ただちに国民に信を問うべきだ」と述べ、衆院解散・総選挙を求めた。

 自民党は2日午前、緊急役員会を開催。民主党に対し、新政権が衆参両院で所信表明や予算委員会の質疑を行うよう求めることを決めた。

【関連記事】
自民・大島幹事長が「衆院解散を」 首相辞任で
辻氏に説明要請へ 検審質問 自公「政治介入許せぬ」
「続投ですか」に親指立てて笑顔の鳩山首相
総理辞任後の街の声、「仕分けは評価」「借金残した」「交代も無意味」…
鳩山政権を振り返って、「未知との遭遇」だった8カ月
「はやぶさ」帰還へ

大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)
菅氏優位保つ=民主代表選出へ―新内閣、今夜にも発足(時事通信)
アイスランドの火山、再噴火への警戒必要(産経新聞)
49歳男が女子大生偽りメール、100万詐欺(読売新聞)
次期衆院選に出馬せず=「退陣、国益につながる」―鳩山首相(時事通信)
posted by フクシマ シズオ at 17:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。