2010年06月16日

「参院選に政治生命かける」谷垣氏が決意(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は10日午前の両院議員懇談会であいさつし、「私も明日があると思っていない。参院選に政治生命をかけ、チャレンジャーとして戦い抜きたい」と述べ、参院選に敗北した場合、総裁を辞任する考えを示した。

 谷垣氏は、菅内閣の支持率が高いことについて「われわれは表紙を変えた効果に右往左往している暇はない」と述べ、反転攻勢に出るよう指示。

 菅直人首相については「鳩山前政権の中核におり、極端な主張で行き詰まったマニフェスト(政権公約)を小手先の手段で変えられるはずはない」と批判した上で、「国民の選択肢を何か国会で示さなければならない」と述べ、衆院予算委員会を開くよう重ねて要求していく考えを示した。

 出席者からは「与党が予算委をやらないのは、論理的に話せない首相を隠すための『菅隠し』だ」(田村憲久衆院議員)、「1日国会が延びれば確実に首相の馬脚があらわれる」(下村博文衆院議員)など、国会論戦を求める声が続出。「総裁のリーダーシップで今日限り旧来の派閥を解消してほしい」(山本一太参院議員)など、一層の党改革を求める意見も出た。

【関連記事】
クリーン菅に「政治とカネ」直撃弾 疑惑の否定も説明拒む
首相、荒井氏の事務所費疑惑に「問題なし」
「読売新聞に抗議したい」 荒井戦略相
「ボロでないうちに選挙だ」政府内で会期延長不要論高まる
荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」 野党、一斉に批判 
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

「オレ」ではなく名前を(産経新聞)
日本、カメルーンと初戦=オランダはデンマーク戦―W杯サッカー(時事通信)
アパート火災、3遺体=幼児と小学生か―北海道・苫小牧(時事通信)
学校早退しひったくり、容疑で中3生2人逮捕(読売新聞)
運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
posted by フクシマ シズオ at 14:27
"「参院選に政治生命かける」谷垣氏が決意(産経新聞)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。